2017.10.16 Monday 20:50

健康オタク

あまり決まった番組を観ることがないのですが、たまたま観た大河ドラマが面白くて、続けてみています。

ドラマだけあって史実とは違っていることも多いようですが、歴史や歴史上の人物に興味を持ついいきっかけになると改めて。

 

時代背景や関係性は横に置いておいてという感じですが、気になる人を検索しては、こういう人だったのかと楽しんでいます。

 

ここ数回で気になっているのは、誰もが知っている徳川家康。

江戸幕府を開いた以外にもたくさんのエピソードが残っていますが、医学書を熱心に読んで、薬草園をかまえ自ら薬の調合をしたことでも有名です。

 

また薬以外に、鷹狩りひとつにとっても

(よく歩き、鷹とコミュニケーションをとるから良い)

と捉えていたそうで、薬や食事に加え運動や心も含めての健康への意識と関心の高さが、人生50年といわれたこの時代に70歳を超える長寿につながったのだと思われます。

 

江戸と駿府を行き来する際にも、道端の草に薬草らしきものを見つけては調べさせたという家康。

その意思を引き継ぎ1684年に幕府が開いたのが、小石川御薬園。

 

小石川植物園

小石川植物園

 

正式には、東京大学大学院理学系研究科附属植物園

大学の管理する付属施設で、研究などに使われ一般にも公開されている日本最古の植物園です。

 

薬草はもちろん、歴史ある植物園ならではの大木、ニュートンのリンゴの木の兄弟もあります。

ゆっくり見て回れば見応えもあり、自然欠乏症に陥りそうな時に都会の中にあるこじんまりとした森林といった感じは、ふらりと歩くのにもちょうどよく、落ち着きます。

 

 

家康も手に取ったといわれる小さな草花も。

機会があればどうぞ。おすすめです。

 

 

 

 

 

**現在募集中のOPEN講座**

 

  水蒸気蒸留体験 1day講座

 「香りの抽出体験とX'masサシェ作り」 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

 

  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.