2016.03.15 Tuesday 08:47

雨の日と花粉

雨の日は、花粉症の症状が楽になると聞いていたのに、皆がみんなそうでもなく、かえって症状がつらくなる場合もあるようですね。
原因はいくつかあって

・舞っている花粉が落ちてきたり、風雨でまとまりやすい。
・前日の晴れの反応など少し遅れて出るタイプの症状。
などのほか

・気圧が低い雨の日は副交感神経が優位になり体内のヒスタミン(アレルギーをおこす物質)が増える
というのが最も有力な説だそうです。


副交感神経(リラックス神経)が優位だと…
心臓の鼓動は緩やかになり
腸の動きが活発になって消化が促され
血管が拡張して血行も良くなり
気分はの〜んびりと和み
全身がリラックスモードに。

いいことだらけのような状態ですが、イガイガもやもや、かゆかゆな状態も呼んできてしまうとなると辛いですね。
気圧と身体の関係では頭痛の話でよくでてきますが、人のカラダってほんとうに複雑



増加したヒスタミンに対応しながら、リラックスモードを保つのにハーブなら何をチョイスするかな。
代表的なものだと
エルダーフラワー
ジャーマンカモミール
あたりでしょうか。

イガイガを解消するのにマーシュマロウやマレイン、すっきりペパーミントやタイム
アレルギーと関係の深いミネラルを豊富に含むネトルでの体質改善もよく提案されます。


花粉をはじめ、大陸から飛んでくる物質も気になりますが、アロマやハーブが少しでも快適に過ごせるようなお手伝いになりますように。

エルダー
エルダーフラワー(西洋ニワトコ)
マスカット風味のアイボリーのかわいい小花は、イギリス伝統の飲み物
砂糖と水などで煮詰めて作るシロップ[コーディアル]の材料としても有名
フラボノイドが豊富なハーブです。


 
・ハーブティーはお薬ではありません。治療目的でのご使用はご遠慮ください。
・お薬を服用されている場合は、かかりつけのお医者様にご相談ください。
・医薬品と併用した場合、相互作用の結果として作用を強めり弱めたりする場合があります。
・妊娠していると思われる場合と授乳・妊娠中の方は、飲む場合に注意するハーブがあります。
現在参加募集中の講座はinformationのカテゴリから

はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

  JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
 
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
フェイスブックページはどなたでもご覧いただけます。
アカウントをお持ちの方はページへの「イイね!」で、
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.