2017.11.13 Monday 09:50

花梨

花梨(カリン)をいただきました。

 

花梨1

 

品種もいろいろあるらしく、これはデコボコ丸い品種にのっぺりした品種を接ぎ木したものだそう。

周りはあぶらが出てネトネトしています。

手に持っても力の入れ具合では滑り落ちそうになるほど。

 

のど飴などでよく耳にするとおり、花梨の蜂蜜漬けのシロップは喉に良いと言われます。

中国では「杏一益、梨二益、花梨百益」というよいことがたくさんあるという意味にも使われる花梨。

 

車に置いといたらええ匂いがするでよー 

と、いわれたとおり乗せておいたら、ほんととてもよく香ります。

 

 

切るとこんな感じ。

 

花梨2

 

切ったそばから切り口が変色していきます。

種は5室に分かれ、びっしり。

 

食感は水気のない硬めの梨。

甘みもなく、正直食べられませんでした。

調べるとジャムレシピもあるので、これも種類によって違うのでしょうね。

 

喉にいいといわれる成分はこの種にあるそうで、あとの処理のためにお茶パックにいれ、カットした実と一緒に漬けます。

今回は蜂蜜が足りなかったので氷砂糖と合わせて漬けこみました。

約1カ月 たまに瓶を振りながら冷暗所で保存。

出来上がりが楽しみです♪

 

 

 

(12/1 追記)

 

とろみがあり、とてもいい香り!のシロップができあがりました。

味は蜂蜜と、やっぱりどこか梨。

お湯で割っていただきました。美味です。

カリン

 

 

 

 

 

 

水蒸気蒸留体験とクラフトで一度に楽しい 1day講座

  香りの抽出体験とX'masサシェ作り 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 

知識を形に。ハーブの基本を学ぶ連続講座

 検定試験対応 メディカルハーブ講座 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。

  • - | - |

2017.10.16 Monday 20:50

健康オタク

あまり決まった番組を観ることがないのですが、たまたま観た大河ドラマが面白くて、続けてみています。

ドラマだけあって史実とは違っていることも多いようですが、歴史や歴史上の人物に興味を持ついいきっかけになると改めて。

 

時代背景や関係性は横に置いておいてという感じですが、気になる人を検索しては、こういう人だったのかと楽しんでいます。

 

ここ数回で気になっているのは、誰もが知っている徳川家康。

江戸幕府を開いた以外にもたくさんのエピソードが残っていますが、医学書を熱心に読んで、薬草園をかまえ自ら薬の調合をしたことでも有名です。

 

また薬以外に、鷹狩りひとつにとっても

(よく歩き、鷹とコミュニケーションをとるから良い)

と捉えていたそうで、薬や食事に加え運動や心も含めての健康への意識と関心の高さが、人生50年といわれたこの時代に70歳を超える長寿につながったのだと思われます。

 

江戸と駿府を行き来する際にも、道端の草に薬草らしきものを見つけては調べさせたという家康。

その意思を引き継ぎ1684年に幕府が開いたのが、小石川御薬園。

 

小石川植物園

小石川植物園

 

正式には、東京大学大学院理学系研究科附属植物園

大学の管理する付属施設で、研究などに使われ一般にも公開されている日本最古の植物園です。

 

薬草はもちろん、歴史ある植物園ならではの大木、ニュートンのリンゴの木の兄弟もあります。

ゆっくり見て回れば見応えもあり、自然欠乏症に陥りそうな時に都会の中にあるこじんまりとした森林といった感じは、ふらりと歩くのにもちょうどよく、落ち着きます。

 

 

家康も手に取ったといわれる小さな草花も。

機会があればどうぞ。おすすめです。

 

 

 

 

 

**現在募集中のOPEN講座**

 

  水蒸気蒸留体験 1day講座

 「香りの抽出体験とX'masサシェ作り」 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

 

  • - | - |

2017.09.08 Friday 22:25

太陽フレアの影響

太陽の表面で起こる爆発現象「太陽フレア」

いつもボコボコと爆発しているようですが、今回話題になったのはその規模の大きさからのようですね。

爆風に乗って飛んでくる磁気や素粒子の勢いと数が大規模だと、地球への影響も大きいのだとか。

 

主に心配されるのは、通信障害だそう。

大きな被害がなくて幸いでした。

 

身体への影響に関してもいろいろな情報が流れていますが

それを防いでくれているのが、「大気」。

 

1億5000万 キロ離れたところから届けられる太陽の熱と光

水と植物の活動で生まれた大気は人を様々なものから守ってくれています。

 

大事にしたいですね。

 

上勝

 

山の空気は出来たてほやほや

 

 

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.09.01 Friday 18:18

9月1日

 

今日は 9月1日

学校行きたくないなら「図書館においで」「動物園にいらっしゃい」…

そんな言葉が聞かれる日。

 

いろんな選択肢があることに気がつくことができるといいなと思います。

 

 

 

アロマテラピーをはじめてしばらくたった頃。

それまで香りの選び方などの相談メールをいただいていた学生さんから、

「バスに乗れない」という内容が送られてきました。

 

「学校は楽しいのだけれど、たくさんの学生が一度に乗るバス。

頑張ってみたけれど、その空間がどうしてもダメ。」

 

香りを身につける方法をあれこれお話して、考えて少して彼女に似合うようなペンダントを作りました。

ペンダントを付けて、香りで自分を守り、バスに乗れるようになり

彼女は無事大学を卒業されました。

 

香りはちゃんと彼女の役に立つことができた。

アロマテラピー(芳香療法)が形となって実感できた

やっててよかったと思えた出来事のひとつです。

 

 

 

 

 

アロマテラピーは、とても身近になって楽しむ方も多くなりました。

本でもネットでもたくさん紹介されています。

2本3本と精油をお持ちの方も。

どんなふうに使われていますか?

 

誰ともはなしたくない時、たくさんの言葉も届かない時

そんな時も香りは、伝わります。

 

自分のケアはもちろん、家族のケアにも役立ってくれます。

 

「アロマもあるよ。」と言いたい日でした。

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

 


 

  • - | - |

2017.08.23 Wednesday 23:41

ヤル気と肯定感

高齢者通所施設での学習療法と回想法の見学会に参加させていただきました。

 

認知症の重症化を予防することに重点を置いた、二つのプログラム

 

 

学習療法の、出来たという達成感とやる気をつなげる仕組みは、さすがのプログラム。

 

よく実践されているものとの違いは、その方法と「記録と評価」こそが確かな効果につながることでしょうか。

 

明確な評価基準があることで、進め具合以外にも利点が多いように思いました。

 

回想法は、記憶や思いをたどるだけでなく、それを引き出す力の重要性、まさしく力量のようなものを感じました。

 

 

 

今の仕事の原点にある高齢者や介護、認知症というキーワードにはやっぱり自然と目がいくもので。

今回偶然FBで目につきプログラム自体に興味があったものの、参加させていただいて一番感じたのは、バランス。

 

”同じ方向を見て、共通の認識の確認”の積み重ねですすめられているというだけあって、メリハリがありつつバランスのとれた安心感のあるケア。

 

そして、改めて勉強になったのは、優れたプログラムも、熱い気持ちも、どちらもそれだけでは成り立たないということ。

 

何にしてもやっぱり人は基本だけれど、その人が効率かつ効果的に動き、その場がうまく機能していくにはプラス熟慮された計画や目標とシステムが大事。

 

色んな事に共通することかもしれないなと。

 

 

 

利用者さんがいらっしゃる時間帯の実際のサービス提供中での公開、貴重な体験をさせていただいたうえ、高知県産のお米と出汁にこだわったお食事もごちそうになりました。

 

メニューには、こちらで栽培されたキュウリの酢の物やスイカも使われていました。

とてもおいしかったです♪

酢のものの酢に、何か(スダチ?)が入っていたのだけど、聞きそびれてしまったな〜。

 

 

 

学習療法

 

今回見学させていただいたのは

認知症対応型デイサービス デイサービス然 さま

ご本人・ご家族はもちろん同業者の方の見学・体験も快く受けてくださるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.08.01 Tuesday 02:09

なんでもスダチ

一足早く帰省した知人とのやりとり

地元新聞のTVニュースのオープニングに(あー帰ってきたなあ)

と思ったとのこと

県人なら、あーと思い浮かぶ渦潮の映像にオーケストラ?の音楽が流れるアレです。

変わらないって安心させてくれますね。

 

徳島の夏はやっぱり阿波踊りですが、食でいえば

すだちでしょうか。


「徳島はなぁ〜何でもスダチぢゃ」

 

おばあちゃんの阿波弁が、ほんとにリアルで、思わず
「ほうよなぁ〜」
と返してしまうCMがありました。

確かお盆の頃に流れてたんだけれど、期間限定の帰省組&観光客向けなのか?

今年は見ていない

 

焼き魚にお刺身、ちりめんなどの魚から始まって冷奴に、そうめん、お酒モロモロに、、
キュッと絞って大活躍!

県外へのお土産にもとても喜ばれます。

 

そのままでももちろんですが、果汁がたっぷりの露地物が出回りはじめたら、果汁の合わせ酢で作った、お寿司やあえ物はさっぱりとして食もすすむので夏にぴったり。おすすめです。

 

香りと酸味で食欲を引き出し、暑さに負けずしっかり食べて元気に乗り切りたいですね。

日本に、いや世界に自慢できる果実
スダチ 紹介してるサイトがありました。

https://sudachi.net/

あ、8月上旬は少しお盆価格?になってる感じ、買うならお盆を過ぎてからがオススメかな。

 

 

すだち

 


 

  • - | - |

2017.07.30 Sunday 22:36

ベストコンディション

7月が終わろうとしています。

この4月から少し仕事のスタイルを変えて、ちょっと余裕ができるかな?と思ったけれど、できた時間はまたそれなりに詰まってくるもので。。。

 

でも春のハーブ仕事がひと段落し梅雨があけた今月後半は、久しぶりに身体のメンテナンスと読書にあてる時間もとれました。

 

コンタクトも眼鏡もどちらも合ってないままだったので、眼科。

 これで星もよく見える…はず。

 

まさかの「マダニ」に噛まれての皮膚科。

 ほんとにびっくり体験!いい勉強になりました。

 

歯科検診と町の健康診断。

 どちらも無事パス♪

 

筋力も気になっていたので、コアを鍛えるエクササイズの体験にも行ってきました。

 楽しかったー。継続は力ってことでコツコツがんばります。

 

 

 

やりたいことも、やらないといけないことも、やっぱり健康でないとできない(心もね)。

 

そこは後回しにしない。

 

 

 

ポチった本も全部ではないけれど読めたし、ちょっとすっきり。

 

好きなことを楽しんで仕事にできていることへの感謝はもちろん、覚悟も責任も。

無理せず自分なりのペースでも、頑張りたい気持の時に動いてくれる身体は大事。

 

ってことで、暑いけれど大事な8月

 

kuwagata

 

がんばりまーす♪

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.07.18 Tuesday 19:04

フレディー

年月かけてたくさんの経験をされてきた年配の方のお話は、心に響きます。

それが特別なものでもなくても、同じ経験でも、話す方の気持ちも合わさって、何度でも聞きたくなります。

田舎は特に人口が減るばかりで、少しでも同じ時間を過ごしてお話をきいていたいと思います。

いつまでも聞く側ではいけないと思うけれど、やっぱりなかなか。

道しるべとなってくださる先輩方が居なくなるのはほんとうに寂しいです。

 

日野原先生は、講演で人と植物についてもお話されていらっしゃいました。

安らかに。

 

 

 

あじさい

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.07.06 Thursday 21:35

願いは自由

七夕ですね。

子供の頃にはそこらへんで伐ってきた笹を飾っていました。

切ってもらえない時は、自分でナタを片手にとりに行ったものです。

ワイルドな幼少期でした。

今も変わっていないかな^^;

 

スーパーやショッピングセンターに飾られた色とりどりの笹飾りに短冊。

 

大人になると、つい当り障りのない願い事を書いてしまいがちだけれど

子どもたちの自由で奔放な願い事は、見るだけでわくわくしますね。

 

 

どんなことを願うか

やりたいことも 

夢も

どう生きるかも自由

子供の頃はそんなこと考えもせずに自然にできていたのに。

 

いい生き方やいい仕事、いい子供やいいお母さん

”いい”という ものさしは自分で目盛を付けられるのに。

 

でも、やっぱり今の世の中って複雑だし、そんなに簡単にはいかなくて、どうにもならないことも。

困っちゃいますよね。

 

そこで、短冊でなくても、願いや想いを紙に書くのはおすすめ。

大きな気持ちだけでなく、小さな気持ちまで、思いつくまま。

思いがけない自分や解決のヒントが見えたり、気持ちの整理になります。

 

誰に見せることない自分だけの短冊は、自分らしさの発見アイテム

願いは自由 想いは自由

 

 

七夕

 

<気分を前向きにするハーブ>

 

ローズマリー

バジル

ローリエ など

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブのを教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。

メッセージもお気軽に(^^)

HPはこちら →  

ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。
講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.07.04 Tuesday 08:35

印象いろいろ

植物はいろいろな呼び名を持っています。

いつも見ていても、名前をしらないものも多いですよね。

 

例えば、この花

レインリリー

ゼフィランサス

 

別名を レインリリー というんだそうです。

雨の後に咲くことからこう呼ばれるらしいのですが、なんとも雰囲気のある呼び名ですよね。

と、思ったら

 

白花の和名は 玉すだれ

 

どうでしょう。

 

コミカルさも含んだ楽しい唄と動きが思い浮かんで、一気に印象が変わりますよね^^

 

針状の細い葉と白い蕾が、結び目を持つ簾に似ていることからこう呼ばれます。

 

知らないとそのまま、植え込みの端にある白くて丈夫な花

で終わるのだけれど、名前を知るだけでとたんに興味が湧いてきて面白さが広がります。

 

 

台風は心配ですが、雨が終わったらまた一気に咲き出すのでしょうか。

楽しみです。

 

 

 

  • - | - |

<<new | 1 / 10pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.