2018.06.30 Saturday 23:18

輪くぐり

前日の一日中続く雷で、思うように仕事が進まず、朝から部屋にこもっていました。

夕方に少しだけ目途がついたので

 

神社に「茅(ち)の輪くぐり」に行ってきました。

 

輪くぐり

 

「夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)」ともいわれ、半年の厄をはらい、無事 夏の暑さを乗り越え無病息災を願う神事。

 

「水無月の 夏越しの祓(はらえ)する人は 千歳のいのち 延ぶというなり」

と唱えながら、八の字にくぐります。

 

くぐり方と唱える言葉の書いてある横の看板をチラ見しながら、くぐってきました。

 

 

 

夏の暑さほどではありませんが、しばらく続いている蒸し暑く寝苦しい夜。

こんな日は、アロマを使うのもひとつ。

 

安眠と聞いて思いだされるのはやはり

ラベンダー

交感神経を落ち着かせることで有名です。

 

でも、この香りがちょっと苦手とおっしゃる方も案外多い。

そんな方には、オレンジなど柑橘系の香りもおススメです。

気分を明るくリフレッシュするといわれる香りですが、ん〜眠れない(>人<;)という気分を切り替えることで、気持ちを楽にし安眠につなげるという方向からのアプローチです。

 

 

精油には、たくさんの成分が含まれていて、その中には鎮静と強壮の両方の働きを持っているものも多くあります。

全体のバランスでリラックス・リフレッシュなどとおおまかに分けられることが多いだけで、明確に一概にこれはこうとは言い切れません。

人の気持ちや身体の仕組みが簡単でないことと、どこか似ているように思います。

 

 

 

関東は梅雨が明けたそう。

ジリジリとした暑さとの対面には腰がひけてしまうけれど、少しだけ青空が待ち遠しい。

 

 

  • - | - |

2018.06.30 Saturday 09:38

蜂蜜

梅雨の晴れ間に、蜜蜂の蜜絞りに参加してきました。

 

 

ニホンミツバチの数が、年々減ってきたと聞いていた4年前。

 

ワックス

 

板間用にワックスを作ったのが最後

ここ2年は、空き家の養蜂箱の様子を伺う姿すら見えなくなっていました。

明確な原因はわからず、おそらく何かの病気が流行ったか農薬の影響らしいのですが、地域一帯の蜂の減少は明らかでした。

 

全くいないわけではないので、守ろう・増やそうということで、

昨年は有志のみなさんと"100個の養蜂箱作り"を行いました。

そして、先日

 

蜂蜜

 

冬を越した箱を1段だけ開け、今年はじめての蜂蜜搾り。

 

蜂蜜採取

 

蜂蜜

蜜蓋を開けると、ぎっしり。

 

糖度

糖度は昨年より低めの78−9

昔ながらの角型の大きな海苔瓶に7分目ほど摂れました。

 

蜂蜜パン

 

美味しいにきまってる♡

 

一生に集めてくる蜜はスプーン1杯にも満たない量。

ニホンミツバチの寿命は35−40日だそうです。

作業している間も蜜蜂は、蜜を集めてくるもの、箱の中が暑くならないように羽で扇ぐもの…。

少しも休みません。

 

里山の自然の生態系の大きな役割を担う蜂たち。

有難くいただきつつ、この箱が再び山あいにたくさんの蜜蜂が戻ってくる役に立てばと思いました。

 

 

 

  • - | - |

2018.06.24 Sunday 23:04

小夏

高知に行ってきました。

お隣なのと親戚が高知にあることもあり、身近な県。

子供の頃に、なんちゃって高知弁で従姉妹とやりとりしたのが懐かしいです。

 

帰りはバタバタだったけれど、これは絶対!と車を停めて小夏を買いました。

爽やかさと苦みと甘さのバランスが、いい香り。

柑橘のなかでも、味と食べやすさで、小夏・文旦が私のなかではツートップ

少し苦みのある爽やかな香りも好きです。

 

国産の精油では、原材料が豊富な木のものが多いのですが、

柑橘類は、採油量が多いのも魅力のひとつで瀬戸内をはじめ生産者も多いようです。

 

数年前受けたセミナーで、その頃話題になっていた朝夕の認知症対策アロマよりも、更に研究が進んでいるといわれていた成分も、たしか柑橘に含まれるものでした。

 

沖縄をはじめ、温暖な気候の地域ではその成分を摂るために、それまで育てていた果樹を変更してまで生産に力を入れている農家も出始めたと聞き、時代を読んでいるのだなあと感じました。

あの頃は数年後には、再び大きな話題になると聞きましたが、その後が気になります。

 

 

 

小夏

 

白いとこも一緒に食べるちょっと変わった食感も好き。

 

高知といえば今回は行けなかったけど、桂浜はいくつか想い出がある場所。

また行きたい。

 

 

 

 

 

  • - | - |

2018.06.14 Thursday 22:47

直径5センチ

先日お伺いした I'm garden さんに、小さな山野草が並んでいました。

山野草すみれ

小さーなスミレとシダと。

 

山野草

名前もユニーク。

 

かわいいなと思いつつ、連れて戻れずでしたので

庭のスモモの木についていた苔をはがして、器に押し込んで収めてみました。

 

苔

 

梅雨時期は、部屋の植物も少しおとなしめが似合うと、にんまりしています。

こちらを訪れて、家に戻ると必ず部屋に植物を呼び込みたくなります。

 

 

 

 

 

  • - | - |

2018.06.12 Tuesday 22:57

看板

植木鉢の整理をしていたら、室外機の後ろからブリキの小さな看板が出てきました。

以前旅行で、お土産用に小さなお菓子や手頃なコスメでも…と寄ったドラッグストアで、たまたま見つけたものです。

 

ハーブが学名で書かれてて、薄く荷物にもならなそうだし、お手頃価格だったこともあって即決で買いました。

ピカピカだったので、外でいい感じになるまでしばらく放置

…のつもりが、すっかり忘れてしまって数年たってしまいました^^;

 

看板1

でも、室外機の後ろといういいポジションで、ぼろぼろにもならずとってもいい感じに(グッジョブ室外機)

 

 

カモミールやダンディライオン、エルダーにセージと大道ハーブが描かれているのですが、

さすが!と思ったのが

 

看板3

バレリアン

 

眠りにくい時などに使われるハーブで、使われるのは「根」なのですが

ちゃんと根が描かれています。

花は小花の集合で可愛くデザインに向かないわけではないので、ちゃんと使用部位が意識して描かれてるんだと思うと、欧州でハーブが根ざしていることがよくわかります。

 

 

 

 

 

  • - | - |

2018.05.01 Tuesday 22:53

すずらん

あっという間に5月になりましたね。

お出かけされる方も多いからでしょう、しきりに天気予報が流れていて、知らず知らずのうちにインプットされていた予報。

楽しみな予定の日も、空の暗い雨かも 残念かも と思っていましたが、

予報ははずれて、晴れ。

恵まれた休日を過ごすことができました。

 

予報を知っておくのは大事かもしれないけれど、

確実じゃないことに不安になったりするのは、ちょっと残念なことだと

それよりも、目の前をしっかりみて見つけたことのほうが、ずっとしあわせを感じられる。

悟りをひらいた気分になったりして^^

 

 

そんなことを考えた

今日 5月1日は「スズランの日」

 

 すずらん

スズラン

いま流通していたり、自生しているのは、大ぶりで花の茎が長く、香りのあるヨーロッパ原産のドイツスズランと

葉に隠れるように花をつける日本原産のスズラン

環境によって育ち具合も違うので、大きさで見分けるのは難しそうですが、花の中が真っ白なのが日本原産のものだそう。

今度 よく見てみようと思います。

 

花、葉、茎、根すべてに毒性があるため、触れるとかぶれるが場合があります。

植え替えやなどを行う場合は手袋を着けるほうがよいようです。切り花で楽しむ場合の花瓶の水も同じく。

 

 

 

連休後半も、皆さんにとってよい日でありますように。

 

 

 

 

 

   参加募集中のOPEN講座 

 

「暮らしに寄り添うハーブ講座」

 

  詳細はこちら→ ☆☆☆ ←クリック

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.03.12 Monday 23:05

出版記念セミナー

目に見えないものをイメージするのは楽しいけれど、人に伝えるのは少し難しかったりコツがいったり。

それを、ビジュアルとして見ることができると、自分にも相手にもストンと入ってくることがあります。

 

アロマテラピーを学ぶ時にも、目に見えない精油の化学成分の働きやそのしくみは気になるものの、なかなかイメージ出来ずに、固まってしまうことが多いですよね。わたしも苦手な分野です。

そんなときに、こちらのを手に取った方も多いのではないでしょうか。

 

そんなアロマ本のベストセラーの一つともいえる本の著者 長島司先生が、植物成分に視点を移し新たにまとめられた

 

「植物成分と抽出法の化学」

   -フレグランスジャーナル社-

 

を出版され、その出版記念セミナーに伺ってきました。

 

出版セミナー

 

実習と新刊のダイジェスト解説という贅沢な機会

 

長島先生

 

アレロパシーの話から、適正溶媒について短い時間にギュッと押し込めお話いただけました。

精油の化学同様、馴染みの薄い世界もやさしく親しみを感じられる本。

学ぶことは尽きませんね。

 

ケーキ

 

お世話いただきました皆さま、当日は何からなにまで細やかなお気遣いありがとうございました。

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.03.08 Thursday 09:28

パラリンピック

雪の上を滑ったり、飛んだり。

氷の上で回ったり、滑らしたり…

普段 馴染みのない競技も多い冬のオリンピック

私もべったりとはいかないまでも、話題を追いかけるように楽しみました。

 

後半になるにつれて盛り上がり、帰国後の特集番組が連日組まれるなか

パラリンピックがはじまりました。

 

TVニュースで取り上げられる時間は短いけれど、ネットニュースなどでは丁寧に取材された記事が少なくありません。

競技者はもちろん共に努力したり支える仕事のことなど、普段気付けなかったことも知ることができ、しばらく読みふけってしまいました。機会があれば。

一生懸命には心が震います。

 

 

 

 

はこべ

 

はこべの花が咲きはじめました。

 

 

 

  • - | - |

2018.03.06 Tuesday 22:58

名水

山が多い県内には名水といわれるものがたくさんあります。

そのなかでも是非一度とお薦めされた名水を汲みに行ってきました。

 

雨の後ということもあって、細い山道は川のようになっているところや、落石も多い。

途中から電波も入らず、案内板もない。

不安いっぱいのなか、ひたすら走ってたどりついたのはこちら。

 

龍ヶ岳1

 

道を挟んで下に見えるのは松尾川。

車をかわすのもひと苦労の細く険しい道ですが、定期的に汲みにこられる方も多いんだとか。

怖いもの無しで山道運転は慣れていますが、さすがに夕方に一人で行くのは控えようと思いました^^:

 

龍ヶ岳2

 

どんな言葉で表現するのがいちばんの褒め言葉なのか

褒めたい水

 

龍ヶ岳3

 

水質検査では、ほぼ無菌の超軟水に分類されるそうです。

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

  • - | - |

2018.03.01 Thursday 20:14

名残る冬を吹き飛ばすような強い風がふき、三月になりました。

「春一番」という言葉が頭に浮かびましたが、これは春分を過ぎてから吹く強い風のこと。

今日のようなお天気は、「春嵐(はるあらし)」という言葉のほうがふさわしいんだそうです。

まさに嵐のようでしたね。

 

 

 

さて、昨年買った、元種とよばれる小さなチューリップ

棚から出したばかりの頃より、芽の緑が濃くなって、光合成していることが目に見えてわかります。

 

あじさい1

 

 

 

大きなヒヤシンスも蕾が出て色がはっきりしてきました。

色が加わると、水の中に伸びる白い根も、もう(冷たそうだ)とは感じなくなるのも不思議です。

 

あじさい2

 

 

あじさい3

あれよあれよという間に花が咲きました。

 

あと二十日もすると、春分。

季節に置いて行かれないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

 

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問もこちらのメールフォームからお気軽に。

 

 

 

 

  • - | - |

<<new | 1 / 12pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.