2017.11.04 Saturday 19:23

植物の名前

今年はほんとうに雨が多くて、やっと晴れが続いています。

寒さも進んでクリスマスの案内が来て、、でも、まだまだ秋を探していたいですね。

 

ぐっと寒くなる前に、先日は母の畑の片づけを手伝ってきました。

畑といっても、片手間の名ばかりで手間のかからないものをただ植えているだけ。

横になった野菜の茎などを抜いたりと、少し土をいじってきました。

枯れた野菜の残る畑も、秋。

 

 

 

植物の名前には、色や形からとった名前のほか、エピソードからそう呼ばれるようになったものもあります。

 

そのなかのひとつが、畑でも種をとばしてあちこちから生えてきていた

 

紫蘇(シソ)

 

この漢字からして、ひと目見てすごいですよね。

 

由来は


後漢の時代、カニを食べ過ぎて死にかけていた若者に、名医が薬草を煎じ
紫の薬を作り飲ませたところ、若者はたちまち健康を取り戻した。
「紫」の「蘇る」薬だというので、この薬草を「紫蘇」というようになった。


とありました。

蘇るというのもすごいと思ったけれど、カニの食べすぎって…
ひょっとしたら食べ過ぎというより、甲殻アレルギー アナフィラキシーかもしれません。

 

シソの葉は現在でも生薬の蘇葉(そよう)として漢方薬に配合されているそうです。

 

 

シソ

穂の天ぷらが美味しいんですよねー

 

紫蘇ストール

赤紫蘇はストールを染めてみました。

 

植物の魅力と多様性は計り知れない。

 

 

 

 

エピソードからそう呼ばれるようになった植物といえばこちらも→☆

 

 

 

 

 

水蒸気蒸留体験とクラフトで一度に楽しい 1day講座

  香りの抽出体験とX'masサシェ作り 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 

知識を形に。ハーブの基本を学ぶ連続講座

 検定試験対応 メディカルハーブ講座 

 

 詳細はこちら→ クリック ☆

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.06.07 Wednesday 00:49

6月

梅雨入りが近いのでしょうか。

すこし天気が下り坂になってきているようですね。

 

雨が降って川の水が増し、同時に肥沃な土が流域にもたらされる。

それを利用して農耕をする。

太陽暦のはじまりは、ナイル川の氾濫を知り安定した収穫を得るためだったそうです。

 

今では、地上からではなく宇宙から雲をながめ天気を知る時代。

それも個人が手のひらのなかで、雨雲レーダーをながめ(あと数十分で雨雲が切れる)なんてことまでわかる。

太陽や星をみて暮らした昔の人が知ったら、びっくりするでしょうね。

 

 

梅雨の少し空がどんよりした日が続く頃。

まっ白い十字が目をひく”どくだみ”

 

ドクダミ

ドクダミ(じゅうやく)Houtunia cordata

 

4枚の白い花びらにみえるのは総苞片(そうぼうべん)とよばれるもので、花は真ん中の短い花穂についています。

学名の cordata は、スペード型をした葉から連想させる心臓を意味します。

 

 

三大民間薬

どくだみは、十薬(重薬)とも呼ばれ、ゲンノショウコ・センブリとならんで三大民間薬のひとつ。

利尿・解毒・便秘対策・皮膚トラブルなど外用内用とも、その使われ方は、生葉から乾燥させたものまで幅広く、いうまでもありませんね。

 

 

個性的な香りの働き

あの臭いのを手にとるの?

と敬遠されがちな香りには、ペニシリンをもしのぐともいわれる強力な殺菌作用があります。

ですが、乾燥させることによってほぼ消滅し、ほとんど気にならなくなります。

逆に殺菌作用を期待してニキビなどに外用で使う場合は、生の葉を。

 

 

料理に活用

好き嫌いが分かれるものの、ある種やみつきになる香りは、アジア料理ではパクチー同様 刻んで料理に使われるようです。

火を通すと薄まるので、餃子や天ぷらでなかなか美味しくいただけます。

 

 

どくだみ茶として

もっとも親しまれている健康茶には、花が咲いているものの地上部(茎・葉・花)をしっかり乾燥させて使います。

 

ジュウヤク

 

乾燥させるコツ

数本をまとめて吊るし乾燥させるのが常ですが、花の時期と梅雨の時期が重なるので、カビさせてしまうことも。

先にカットしてから干す、もしくはあらかた乾燥したら、束をほどき広げて干すと上手く乾燥させられます。

湿気を呼び戻しやすいので、瓶など密封できる容器に乾燥材と一緒に保存するのがおすすめ。

 

 

おいしく飲む

そのままでも爽やかなお茶は、麦茶やほうじ茶と合わせると香ばしさが加わり飲みやすく。

ミントなどと合わせて爽やかに。

アイスティーや水だしティーでもおいしくいただけます。

※水だし茶は当日中に。

 

 

 

 

地下で茎が繋がり、土地中に広がる厄介者

それだけ、パワーをもった植物。

おじいちゃんおばあちゃん世代からは「乾燥させてお風呂にいれていた」「炙っておできに貼っていた」などたくさんの思い出を伺いました。

「ぬいても ぬいても…」

退治に疲れたら、ちょっと試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

初回はもうすぐ締め切り!

参加者募集中のOPEN講座

 

1day講座

「暮らしに寄り添うハーブ講座」in 坂出

詳細はこちら ☆ ←クリック

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  

 

ハーブティーは治療目的に飲むことはお勧めしていません。常にお薬を飲まれている方や、妊娠中・授乳中の方は注意が必要なものもありますので、よく調べ必要であればお医者様にご相談ください。

  • - | - |

2017.05.28 Sunday 14:56

植えてはいけないハーブ

植物を植えるのには、それぞれ適した時期があって

苗なら、暑さ寒さに作用されにくく、根を張りやすいという理由もあって春先がおすすめ。

でも、春って案外ばたばたしがちで、やろうと思ってたんですが今になっちゃって、とご相談をいただいています。

 

もちろん水やりや温度管理は春より気を遣うけれど、環境の違いもあるし、遅すぎることもないと思いますよ。

例えばバジルなど成長の早い植物は、7月に撒いてもおうちでちょっと食べる分には充分

 

植えたい育てたいという気持ちがあれば、応えてくれます。

目と気をかけて(愛情)がやっぱり一番

虫対策も同じかな。

大事にしたければ、調べるのも苦にならない。

 

甘いですかね。

 

また、よく植物選びに出てくる「植えてはいけない○○」

植えてはいけない!という言葉はキャッチーだけど

正直(そんな カワイソウに…)って思います。

 

甘いですかね。

 

筆頭に挙げられるミント

地下茎でどんどん増え、庭や畑を占領し”暴れミント”なんていわれています。

 

 

でも、一方で人にとって役立つ働きも沢山持っている優秀なハーブ

ペパーミントは、すーっとする香りの成分 ℓ-メントール、メントン、1,8-シネオールなどが特徴で、脳や消化機能の働きをよくする作用が認められています。

 

集中力をアップさせたい

なんか気分的に疲れた

食欲がいまいち

食べ過ぎ飲み過ぎ…なんて時に活躍してくれます。

 

 

子供から大人まで馴染みのある味と香りは、日常に使い易いという利点もあります。

 

柑橘系のジュース、モヒートなどのアルコールに

刈り取ったものにお湯をかけてその水をふき掃除につかったり、玄関に撒いたり

 

どんどん育つ=惜しみなく使える

 

植えてどんどん使えばいいんだよ。

増えて困っても、抜いて、刈って、抜いてしてたら無くなります。ちゃんと。

 

全く手をかけず、春になったら緑をみせてくれ、素朴な花も可愛い

とてもいいと思いませんか?

 

甘いですかね。

 

甘いんです。

 

 

 

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

  • - | - |

2017.04.19 Wednesday 21:19

スミレ

ニラと間違えスイセンの葉を食べての中毒がおきたそうで。

スイセン以外にも、星型の花でアイフェイオン(有毒)もニラの香りがするためハナニラと呼ばれ、花の咲いたニラと混同されがちです。

秋のキノコの時期もそうですが、春の山菜の時期にもこういった事故が多くなりますね。

気をつけないと。

 

きのこや山菜以外にも、最近は華やかさからエディブルフラワー(食用花)も人気です。

今が時期のスミレもその代表

 

すみれ

 

暑さ寒さにも強く、種がたくさんついて、繁殖力に優れているのも特徴です。

ひとところに群れて咲くので、目立ちます。

種類もたくさんあって、パンジーなどもその仲間。

 

sumire

学名:Viola odorata L.

スミレ科 スミレ属・多年草

 

食べられるのは、開花時の花の部分

砂糖漬けが有名ですね。

 

すみれを食す時に気をつけたいのは、

嘔吐や神経麻痺などを起こす成分が含まれています。

 

え~根を掘ってなんか食べないでしょう^^:

でしょうが、種はどうでしょう。

パツパツと摘んでいるうちに、開花が進んだものが混じらないように気をつけたいところです。

 

少し前は食用花と言えば菊くらいでしたが、最近はカラフルな洋花も専用に栽培されたものが売られているので

食べたい!(笑)という場合は、そういったものを利用するのが安全ですね。案外高価です…。

 

 

花はほとんどが特徴的な味は持ちませんが、魅力的です。

ヨーロッパでは、女性が意中の人を射止めるのにおまじない的に食べたとの記録があります。

試してみます?(笑)

何にしても、口に入るものはよく調べ、商品以外の自家栽培や採取したものは自己責任で。

 

 

 

 

とかなんとかいいながら、

先日はそのスミレをちょこんと。そのまま。

 

手まり寿司

 

 

今年はたくさんスミレを摘みました。

レッスンでも使いましょう。

 

 

 

 

 

 

**お申し込み受付中のopen講座**


・1day講座
「セルフケアのハーバルメソッド(春夏編)」

詳細はこちらから

 

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2017.03.03 Friday 20:53

待つの

「花は自分から蜜蜂を探しに行きますかっ?

 

 探さない

 

 待つの♡」

 

髪を切った生徒さんのブルゾンものまねで大笑いした先日のレッスン

 

いつも楽しいクラスですが、本当に芸達者 器用な方ばかりで、教えてもらうこともたくさん

この日は、このネタを(笑) 難しいですね(>V<)

 

何のレッスンだ?ってことになるのですが、長年受講してくださってる生徒さんから さすがの一言

 

「ただ待っててもだめですよね。」

 

 

 

 

ですよね。

 

花は蜂や蝶に集まってきてもらうために、それはそれは努力をしています。

 

目につきやすい色やデザインの服(花)や香りをまとい

 

でも、嫌な奴(虫)は寄せつけない香りを放ち

 

咲く時期や時間までにも気を使い 

 

他の花との競争に勝ち残るために、まさに命がけ!

 

 

 

お笑いネタなので人にそのまま当てはめるのは、ちょっとおかしな話ですが植物の話をこうして置き換えるととても分かりやすいですよね。

 

私たちも植物も生き物という点では同じですから。

 

 

 

例えばでこの日 話題に出てきたのが、クリスマスローズ

早春に咲く花は、たいてい背の低いものが多く、少し背のあるものは下を向いています。

 

花から花へと飛びまわる蜂や蝶が少ないこの時期は、土や落ち葉の下から這い出てくる虫たちが受粉の手助けをしてくれます。

 

そのため、彼らが見つけやすいよう、めしべにたどり着きやすいよう、下を向いているんだそう。

また、大切な花粉を季節外れの遅霜が降ったときにも守れるようにだとも。

 

 

クリスマスローズ

クリスマスローズ

(花弁に見えるのはガクだそう)

 

 

下を向いて咲く花といえば、桜も有名ですよね。

 

桜は木の上で咲くので、風でも受粉できますが、より確立を上げるために下を向いているんだとか。

(ソメイヨシノ同士は結実の可能性が低くほぼ接ぎ木)

 

おかげで人はその姿を下から眺めることができます。

 

 

 

 

蜂須賀桜が咲きはじめていると聞きました。

そろそろとお花見の準備です。

 

 

 

 

 

 

 

現在募集中の講座は、Informationのカテゴリーから☆


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ
JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室


Facebookページはこちら→ 
ページへの「イイね!」で
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

  • - | - |

2017.01.26 Thursday 17:22

花粉

今年の新年会でいただいたアネモネ。

 

アネモネ


薄紙のような花弁が、作り物のようで見とれてしまいます。
花粉がスモーキーな紫色でこれまたエレガント!

 


花粉もこんな花のものならじっくり眺められます。

が、早いところでは2月も上旬になると花粉がとびはじめ、花粉症に悩まされる方もチラホラ

 

くしゃみや鼻水、目のかゆみなどで、仕事や勉強に影響するものの、学校や会社を休むかというとそうでもないのが困るところ。

でも、「疾患・症状が仕事の生産性等に与える影響に関する調査」〜健康日本21推進フォーラム〜によると、花粉症などのアレルギー性鼻炎の人は生産性が4%も落ちるのだそう。

 

花粉症はアレルギーの中でも、アレルゲンとなる花粉が体内に入った直後から数時間以内という短い時間で症状が出る「I型=即時型」に分類されます。

高機能マスクやお薬も次々とよいものが出ているようですが、もともとの症状を軽くしてラクになるといいですよね。

 

 

 

植物療法でもいろいろな対処方法がありますが、予防という観点からでは、体質改善

花粉シーズンの数カ月前から、ミネラルの豊富な「ネトル」などを続けて摂ることで、快適に過ごせることを目指す方法が奨められています。

 

症状が出始めた状態でも、ヒスタミンなどのアレルギー反応の誘発因子の放出や、炎症を抑えるフラボノイドの多い「エルダーフラワー」「ジャーマンカモミール」などが手元にあると重宝します。

「ペパーミント」は、粘膜の腫れに働きかけすっきりさせるうえ、ブレンドハーブが飲みにくいと感じる場合にも追加して。

 

 

 

また、アレルギーはメンタルとも大きな関係があるのはご存じのとおり。

アロマテラピーによって、ストレスケアをはかるのもいいですね。

 

リラックスできると思える好きな香りや、ラベンダーなども。

鼻のとおりをよくしたり、頭が重く感じるのにはペパーミントやユーカリなどの精油を使ったロールオンタイプのオイルやバームなども活躍します。

 

 

 

来たー(TT)泣 と症状が出た時に、ボーっとする頭で探すよりは、少し前に味見や香り探しを楽しむのがおすすめ。

 

どんな味か、どんな香りか知りたい

どこからどう手をつけたらよいのやら…

という場合もお気軽にご相談くださいね。



アネモネ
名前はギリシャ語の風(アネモス:anemos)に由来

イギリスではウィンドウ フラワー(風の花)と呼ばれるそう

ほんの少しの風でもひらひらと…

 

 

 

 

 

***受講申し込み受付中***

 

インフューズドオイルと蜜蝋の贅沢ナチュラルキャンドル

『春待ちキャンドル』 →☆

 


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

ロゴ


Facebookページはこちら→ 

アカウントをお持ちの方は、ページへの「イイね!」
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

2016.12.21 Wednesday 07:18

柚子を楽しむ

二十四節気のひとつ「冬至」ですね。

北半球では一年の間で昼が最も短くなる日。

かぼちゃといただいたり、ユズ湯の日の印象が大きい日でしょうか。

 

ユズはお風呂に入れるほか、SNSでは(種をローションに)という記事も多く見かけます。

この柚子ローション、焼酎やホワイトリカーもいいですが、日本酒もおすすめ

酒作りに携わる方の手がきれいと有名で、日本酒成分や麹成分を使ったコスメも販売されてますよね。

 

その1番の理由がアミノ酸

 

アミノ酸は

肌を構成するたんぱく質や

角質層に含まれる天然保湿因子(NMF)の主成分

 

肌の張りや保湿にぴったりの成分は、柚子種のペクチンの働きも同じ

とろりでしっとりでさらっとの使い心地に加え、こんな働きがあるなら、、、

 

 

<柚子シードローション>

 

柚子の種

日本酒(料理酒以外の安価な純米酒でOK)

消毒した清潔な瓶

 

種を果肉などが残らないよう軽く洗い、乾燥させる

瓶に種を入れ、かさにして3〜4倍の日本酒を注ぐ

冷暗所で約2週間保管

清潔なザルもしくは、リー○キッチンペーパーなどで種を濃す。

 

使う量を精製水などで薄めて使用。

芳香蒸留水で薄めてアロマの力をプラスするのもオススメです

 

 

濾したあとの種も網などに入れて、お風呂にぽちゃん♪

もう一度楽しめます。

 

柚子ローション

 

日本酒で作ったものは、焼酎やホワイトリカーよりもアルコール度数が低く、保存期間は短めに。

冬でもあたたかなおうちが多い現代では、原液・ローションにしたもの共に保存は冷蔵庫で。

 

私が作った時の目安は原液は1カ月、ローションは1週間程度で使い切り。

ホワイトリカーで作ったものも原液は2カ月と紹介されている方が多いようです。

 

うっかりしがちなのが、種を濾すときに下に置いておく原液の保存用瓶の消毒。

保存料を使用しないので、用具や手の消毒は大事です。

 

また柚子ローションに限らず、手作りコスメはお肌への影響を確認するため、内腕などにつけて試すがおきまり。

メンタルや体調などでコンディションの変化が出やすいのが肌。

違和感を感じたら使うのを中止するのもおきまりです。

 

種は乾燥して時間が経ったものでもOKなので、たくさんある方は置いておくと年中楽しめます。

 

 

香りのいい皮は白菜の浅漬けやお吸い物、柚子味噌に柚子窯…

果肉のジャムに果汁のジュースも。

 

今の時期 豊富に手に入る柚子

冬至だけでなく楽しみつくしたい。

また産直に行ってこようかな。

 

 

 

 

アミノ酸といえばこちらも→http://1182teku.jugem.jp/?eid=358

 

 

現在参加募集中の講座やおしらせはinformationのカテゴリから




Facebookページはこちら→ 

アカウントをお持ちの方は、ページへの「イイね!」
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

  • - | - |

2016.11.30 Wednesday 00:19

水分を意識する

寝苦しい季節になりました。

血圧が気になる方は、枕元に水分をという記事をみました。

 

よく水分は「1日2リットルを目安に」と言われていますね。


水分を取ることで代謝があがり、免疫力がアップしたり、胃腸の働きや血圧などに作用するんだそうです。

 

 

水分量は、年齢や体格や気候によっても変わってくるので一概にはいえないけれど、おおまかな目安にはなりますね。

 

量はあまり気にされていない方も、とっている水分のうち一番多いのは?と改めて考えてみるのもいいかも知れません。

お水、お茶、コーヒー、お味噌汁にアルコール…

どんな内訳でしょうか。

 

人の身体は、8割が水分 

以前ボクサーの方が、減量し水分も控えて臨む計量後に、念願の水を飲むと

”肌が盛り上がってくるのがわかる”

”姉ちゃん 水 大事やでー”とおっしゃっていました。

(この口調どなたか想像つきますね^^浪速のやんちゃなお方です)

 

それだけ、口にするもののなかでも水分ははっきりと身体に反応があらわれるものだというのがよくわかりますね。

 

 

なので、どんな水分を摂取するかってとても大事。

 


私は、胃腸の具合がよくないと感じたり、風邪をひいたかも、と言う時にはとりあえず手持ちのハーブを、いつもより少し濃いめに出して、ちびりちびりと続けて飲みます。

そうすると、大抵は「あーそうだったなあ」とケロッとしていることに気がつきます。

 

中にはすぐに変化を体感できるものもありますし、一日で大差なくとも、一週間、一か月と続いたら…、知らず知らずの体質改善につながっているかもしれません。

 

 

ハーブは「薬草」そして「お茶」

 

現在も民間薬として使われたり、お薬の成分開発の原点。
なんて言うと特別な感じがしますが、お茶として飲むハーブティーは、おいしく楽しんで日々の健康管理に役立てることが出来ると私は思っています。
毎日体に目を向けて、おいしくお茶を飲み病気を予防できるって、いいなと思いませんか?

 

私自身は、コーヒーも紅茶もお出掛け先ではジュースもいただきます。
でも、ハーブティーを飲まない日はありません。

人の体に必要な穀物、野菜やお肉などの食物は、タンパク質や糖質、脂質、ビタミン、食物繊維などの栄養素を含んでいます。
心の健康を含む人の健康は、まず新鮮な食材を使ったバランスよい食事、運動、休養が基本

これはほんとうに基本。

そこに、補うという形であっても、ハーブは確かに助けてくれる心強い存在だということを、たくさん体験してきた私は、やっぱりハーブを、ちょっとした飲み物 しょせん微量成分 とはいわれたくないぁ とハーブの強い味方でいたいのですよね。



ジャスミン

 

 

  • - | - |

2016.11.20 Sunday 20:43

紅葉の続き(クロロフィルとお茶)

講座のなかで、ハーブ選びのポイントのひとつとして挙げる

 

「色の綺麗なものを」

 

前回の紅葉の記事で出てきた「クロロフィル」は不安定な化合物で、強い太陽光により分解されてしまいます。

ハーブは、乾燥させることで酸化を防ぐのですが、それでも保存しているうちに、空気や温度、光で酸化し色や味が変わったり同時に香りも抜けていきます。

 

葉が見えるものであれば、できるだけ色のしっかりあるものを選ぶのがおすすめです。

 

緑茶を含めハーブに、お湯を注いできれいな緑色が見えるのがクロロフィルの色。

ウスベニアオイや近年話題のバタフライピーの青紫はアントシアニン。

また、淹れたてのお茶にはビタミンCも含まれています。

(ペットボトル茶と違い、しばらくすると他の成分との関係で茶色っぽくなります。)

 

1杯のお茶、されどお茶

手軽に続けて、安心して身体によいものを身体に取り入れることができる。

 

そこに、美味しい・いい香り という楽しみの部分がプラスされたハーブティー

さらに欲張っていうなら、これからの季節

 

免疫強化のエキナセア

のどの痛みにマロウティーやアルテアルートの水だしティー

風邪などの体力消耗にはローズヒップ

 

健康をサポート、ケアするという部分も持ち合わせています。

傍に置いてセルフケアにお役立てくださいね。

 

 

 

 

icyo

 

 

 

 

現在参加募集中の講座はHPinformation のカテゴリから


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
アカウントをお持ちの方はページへの「イイね!」
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

 

  • - | - |

2016.11.20 Sunday 20:42

紅葉

あちこちで紅葉がみられますね。


ガーデンのワイルドストロベリーもこんな感じ


苺の紅葉


葉の色が変わるのは、朝夕の気温が低くなることなどいくつかの条件があるようですが、



そのなかでも、緑の葉が黄色や赤色になることに注目してみます。



葉の中には緑の「クロロフィル」、黄色い「カロテン」などが含まれています。



青汁・野菜ジュースなどのCMなどでよく聞く名前ですよね。



これらは、細胞の中の「葉緑体」の中にあって、植物のエネルギーを作る作業「光合成」を行っています。




いくつかの色が含まれている葉ですが、太陽光のもとでの人の目の(色の見え方の仕組み)によって、他の光は吸収され、緑色に見えます。


それが、秋になって気温が下がるなどしてクロロフィルが合成されにくくなると、カロテンだけが多く残り黄色く見えるようになります。





では、赤くなるのはどういうことかというと



これもよく聞く「アントシアニン」が関わっています。



光合成は".光と水と空気中の二酸化炭素で酸素を作る"
この人間の目線でみる現象で有名ですが、

植物側からいうとグルコースという「糖」を作る作業。


アントシアニンは細胞液中の、この「糖」とタンパク質の反応により生成されます。



秋になって、光合成が行われなくなると、夏の間に頑張って作り貯めた糖だけが残り、このアントシアニンがより生成されやすくなるのだそう。



そして青や青緑、緑の光を吸収する見え方のため、赤い光が反射され、結果 葉はアントシアニンの赤い色に見えるということになります。





あの小さな葉っぱのなかでこんな化学が、誰に教わることもなく粛々と行われてることを思うと、まったっく言葉もありません。


そうそう、植物の色でいうとハーブの中の「クロロフィル」などの話も。

長くなるので、別記事にしますね。






現在参加募集中の講座はHPinformation のカテゴリから


はじめての方から資格取得まで。アロマとハーブの教室

JAMHAメディカルハーブ検定認定教室
AEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室

Facebookページはこちら→ 
アカウントをお持ちの方はページへの「イイね!」
季節のハーブの写真やプロフィール・レシピなどをおとどけします。


HPはこちら →  
ハーブやアロマの説明やレッスンの詳細について。

講座のご依頼やご質問についてもこちらのメールフォームからお願いします。

  • - | - |

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.